youtubeへの動画広告の出稿待った!youtube広告は逆効果の可能性も!?正直ウンザリな割り込み広告

一般的にyoutubeの動画広告は費用対効果が良いと言われています。

僕はマーケティング、広告が本業なので、そりゃyoutube広告がどれだけ現在、広告の費用対効果が良いのかということは知っているのですが・・・体感的にですが、youtube広告が全て素晴らしいというわけではないと断言できます。

なので、youtubeに動画広告を出稿しようと思っている方は参考程度に少し読んで頂けると嬉しいところです。

youtube広告は完全に割り込み動画広告!人の嫌悪感をマックスまで引き出す最低広告

ある程度、広告はいつの時代もそんなに良く思われないものであるというのは定説というか、またそうですね。人は売り込みをされるのが嫌いなので。

しかし、youtube広告への嫌悪感はどの広告メディアよりも、最高の嫌悪感を引き出すのではないかと思うのはボクだけではないと思います。

ある程度、その人の趣味嗜好に合わせてAIが広告を合わせていくとは言っていますが・・・いやいや、もう無理というか限界があります。

あなたもyoutubeを見ているときのことを思い出して下さい。

動画を見ていたら、いきなりブツンと割って入る、あの動画広告の苛立ちを。

完全に割り込み広告なんですよ。Googleも正直頭悪いですよ。この入れ方は。仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんが、動画に広告を挿入するというのは圧倒的にテレビ広告なら許される傾向が強いですが、youtubeの動画広告は嫌悪感マックスです。

なぜテレビ広告には嫌悪感が少ないのか?youtubeの動画広告は圧倒的に嫌悪感を抱かれるのか?

テレビ広告の場合には、例えば1時間のドラマの中に15分程度広告の時間を割いて制作をしています。

また、CMがそろそろ入るな?と視聴者が分かるような作り方をされていて嫌悪感が少ないのです。

それに対して、youtube広告は広告出稿側とクリエイター側ですり合わせて作らるものではなくyoutubeが勝手にクリエイターの動画に動画広告を差し込むので「ブツン」と突然割り込みで差し込んできやがるのです。

こんなものは、誰でも嫌悪感が出るのは当たり前です。

そんなイライラしている際に出てくる動画広告の業者に対してのイメージは正直なところ地に落ちると言っても良いでしょう。

youtube動画広告はコンテンツマーケティングではない。ただの嫌悪感を最大化させる割り込み広告である

youtube動画広告はコンテンツマーケティングでもなんでもないです。

人の動画視聴を途中でブツンと切って、そこに突然広告を挿入するというクソのような人の神経を逆なでするような広告ですからね。

youtube広告が費用対効果が良いと言っている方は、たまたま、動画視聴をしているセグメントが本当にたまたま反応が良いだけで、それ以上に実は潜在顧客に嫌悪感を抱かせて未来の顧客を失っている可能性も多分にあると予想に難くありません。

嫌われるよりも、好いてくれる数が多ければ、広告としては問題はないのですが、あまり積極的にyoutube広告を使うのは、「人が最も嫌悪する割り込みそのもの」なので早期にやめた方が良いのではないか?とマーケティングを専門にしている僕は思っています。

コンテンツマーケティングは会話と同じような流れで気が付いたら違う話をしていたみたいな感じで目的の紹介したいものに辿りつかせるのが基本

コンテンツマーケティングというのは、とある特定の人が興味があるように動画、文章、コラムなどを作って、その中で、自然に必要になるものや、既存知識の偏りを指摘して新しい考え方のフィルターを与えて新しいものに目を向けてもらうという自然な感じのものです。

よく人と会話をしている際に、はじめはドラマの話をしていたら、全く異なる車の話をしていたなんてことがあるでしょう?

そのように、一定の話をしていて関連した話題からいつの間にか最初の話題から随分と異なるところに行ってしまったというのを、意図的に起こして、紹介したいものに辿り着かせるのがコンテンツマーケティングであるでしょう。

youtube広告は最低の営業職と変わらないような、無理やり話しに割り込んで適当な話をしやがる大馬鹿野郎だと僕的には思っています。

youtubeの動画広告に出稿し続けて嫌悪感を抱かれる業者に成り下がったらキツクないですか?

もし、あなたがyoutube動画広告の費用対効果が高いということを聞いていて、盲目的にそれをやってみたらどんどん嫌われていくなんてことになったらいやだと思いませんか?

少し思い出して下さい。

あなたもyoutubeで動画を見ていて、「割り込み動画広告」が入ってきて、「クソ」と思ったことが一度でもあるはずです。よく思い出して下さい。

しかも、その割り込み動画の事業者があなたに何かをしたわけでもありませんが、「あなたは投資で勝ちたいと思いませんか?」なんて言葉や、「もしあなたが転売で稼ぎたいなら、このまま動画を見続けて下さい」とか言っている動画広告の人間がウザいと、ウンザリと思ったことはあるでしょう。

その事業者が優良な業者であっても、「割り込み広告」になってしまっていたら単純にどんどん嫌われていくのは明白です。

youtube動画広告が良い場合もあるかもしれませんが・・・チラシ、雑誌広告、バナー広告より圧倒的な嫌悪感を持たれる

youtubeの動画広告がまだ費用対効果が高いと思っている人、実際に実績が出ている方々も多いとは思います。

しかし、前述しているように、テレビ広告のように広告ありきで番組を作っているわけではないので、完全に割り込みをする動画広告の挿入をしてきますから、そりゃ気われます。嫌悪感は半端ありません。

それがどんなに良い事業者であっても、正直なところ腹が立つを越える、今までの広告で体験したことのないほどの苛立ちと、その広告主に対しての嫌悪感が募ります。

セグメントによってはバツンと当たることもあるので良いのかもしれませんが、ボクとしてはyoutube動画広告は割と最低の部類の割り込み野郎だと思っております。

バナー広告、ダイレクトメール、雑誌広告などは、割とコンテンツ内に広告ありきという部分と、その体裁を作っているのであまり腹が立たないのですが、youtube広告は酷いと思っております。

あなたもyoutubeを見ていて動画広告に腹が立つのに、youtube動画広告を出そうとしているのであれば、少し検討をしてみると良いのではないでしょうか?

関連記事

KeyNews編集部の紹介

keynews編集部

Key News Contens(PRを含みます)

Key News掲載オンラインカジノ一覧

入金不要ボーナス一覧

オンラインカジノ初回入金ボーナス

銀行入金・出金ができるオンラインカジノ一覧パチンコ・パチスロ300250

300250副業転職一覧

300250AV女優一覧バナー

アフィリエイトをはじめるには

タックスヘイブンリスト

オンラインカジノライセンス発行国一覧

【PR】【Key News おすすめ商品・サービスのレビュー】

ワードプレステーマ購入済み一覧

mixhostアダルトOK

300250FANZAVR

30025HNEXT

マネークリック

TOP