なぜ、あなたの書いたブログ記事、LP、チラシから商品・サービスが売れないのか?結果を出すための、優良ノウハウ本も紹介

※この記事にはプロモーションが含まれています

【当サイト注目記事】新クイーンカジノはパチンコ・パチスロで遊べる「深田えいみ」さんがイメージキャラクターのオンラインカジノ。メリット・デメリットや評判、入金・出金の上限、登録方法と88ドル入金不要ボーナスの貰い方を図解で詳細解説

 

記事、広告を書いたのに売れない、ということで悩んでいる方は多くいらっしゃると思います。

まあ「Key News編集部」でも正直苦戦していることもありますが、僕はその理由を明確に知っているので特段気にしているわけではありません。では、なぜ、あなたの書いた記事、広告、チラシからは商品・サービスが売れないのか?について解説をしてきましょう。

実は、これは知っているようで皆さんマーケティングを学習しているようで、割と頭に入っていない最重要事項です。

これを知らないと、延々と頑張っているつもりでも、全く売れないということになってしまいます。

ここで、しっかりと頭に叩き込んで頂いて、あなた自身に役立てて頂けたらと思います。

ブログ記事、LP、チラシを書いても売れない理由

 

副業にせよ、専業にせよ、また事業者の方にせよ概ね皆さんが取り組むマーケティング下記のものですね。

  1. ブログ記事(ワードプレスによるオフィシャルサイト)
  2. LP(ランディングページ)(縦長の専用の広告WEBページ)
  3. チラシ

では、下記に解説をしていきますね。

ブログ記事を書いても売れない理由

ブログ

  • SEOを考えて書いていないからアクセスが集まらないから
  • キーワード自体が需要であると理解をしていないから
  • Google広告などを使ってアクセスを確保していないから

ブログをはじめたばかりの人だと、ブログの記事を書くだけでアクセスが集まるようになっていくと思っている方が非常に多いです。誰も教えてくれないので、一応のところWEB上に公開したら誰かが来てくれると思ってしまうかもしれませんね。

しかし、ブログ、サイト制作にせよWEB上に公開をしたからといって、あなたのサイトを誰かが宣伝してくれるわけでもありませんから、基本的に言えばアクセスはゼロです。

あなたのサイトを見つけてもらうために「Googleの検索エンジンのキーワード」を使ってサイトを作らなければなりません

広告費をかけずに無料でマーケティングをしたいという方が行っているのがSEOなわけです。

「Key News編集部」も記事アクセスは集まっているものもあれば、集まっていないものもあります。

SEOを考えてかなり記事数を入れていかないと、なかなか思ったキーワードで1位を獲得することはできません。なぜ、この「Key News」が良くないのかは、圧倒的にSEOを考慮した記事不足ということが言えますので、原因を理解しているので編集長の「Nezumi」はなんとも思っていないわけです(;^_^A

SEOが面倒というのであれば、自身の書いた記事を見て貰うためにお金を支払って広告費をかければある程度は問題なく売れるでしょう。

お金を支払って書いた記事を誰かに見て貰う方が実は難易度が圧倒的に低いので、副業で稼ぎたい場合も、また事業者の場合もしっかりしたサービスLP(ランディングページ)を作ってグーグル広告などにお金を支払った方が良いかと思います。

【PR】ブログ、SEOの勉強におすすめの書籍

ブログで5億円稼いだ方法

キーワードの選び方、SEO、アクセスアップ、SNSの運用方法まで簡潔に分かりやすくしっかりと解説されているブログ初心者に最適な書籍です。

まずは、これを読んでおけば副業でブログをはじめたい方も安心の一冊と言えます。

「Key News編集部」も、もちろん購入して読んでいますよ(*'▽')

> Amazon 販売ページから購入は→こちら <

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

グーグルアドセンスで稼ぐためにはアクセスが全てです。とにかくPVを集めなければ話になりません。

故にSEOで有効なサイト構造、何を記載すれば良いのか?など具体的に書かれており、サイト設計を学びたいと思っている方にとっても最適な一冊です。

WEBマーケターになりたいと思っている方、またアフィリエイトで稼ぐためのSEO設計の基礎が分かる優良書籍です。これ以上に分かりやすい簡潔なサイト設計の書籍はなかなかありません。

Amazon販売ページから購入は→こちら

 

LP(ランディングページ)(縦長の専用の広告WEBページ)で売れない理由

  • ヘッドラインがただの商品名の紹介になっている(一定のニーズ充足、問題や課題を解決するものである旨の記載が全くない)
  • 広告を出稿しているキーワードと商品・サービスの需要がマッチしていない
  • 商品購入ボタンが縦長の一番下にしかないので、LPを読んでいる人がどこから購入して良いか分からない

概ねこんなところです。

ランディングページというのは、よくWEB上などで見る縦長の広告サイトだと思って頂くと誰でもイメージがつくかと思います。

基本的にLPだけでSEOを攻略できるわけではありませんから、検索エンジンからの流入は全くあてにしないで行うものだと理解をしてください。

基本的にはGoogle広告、Facebook広告、insta広告などで露出をしていく手法を採用します。

だから、ランディングページの商品・サービスとLPを出稿するメディアをしっかりと選ばないといけません。

例えば、LPの商品が「男性用ボクサーパンツの訴求で男性に訴求するためのもの」であるにも関わらず、女性向けのポータルサイトに広告を出稿しても全く売れないのは当然のことですよね。

広告は単に出せばよいというものではなく、「出稿するメディア」によって何に訴求をするのか?を逆算してランディングページを作らなければなかなか当たりません。

逆算するというのは、どういうことか?というと、「男性用ボクサーパンツの訴求」と例を出したのですが、実は男性用ボクサーパンツ、インナーウェアの広告を女性に向けて出稿して成功をした事例もあります。

メーカーは伏せますが、とある有名なインナーウェアのメーカーの外国人のイケメン男性モデルは女性に対して訴求をしているそうです。普通であれば男性に向けて、それを着用するとカッコ良い男性になれると訴求していそうなものですが、実はそうではなく女性に向けてのものです。

これは、パートナーのいる女性、また婚姻している女性が男性に対して、カッコ良くいてもらいたい、などと思うことがあり割と無意識に買い物に出かけた際に男性の下着も一緒に購入するという生活スタイルの変化もあるからとのことです。

割と結婚をしたり、長らく同棲生活をしていると女性が男性の下着を購入してくるという生活パターンの変化が大きく見られることから、女性に対して男性のインナーウェアの訴求をしても効果が高いとの結果が出ています。

【PR】LP(ランディングページ)制作の勉強におすすめ書籍

ランディングページ制作にはたくさんの知識、ノウハウが必要です。

「KeyNews編集部」も紹介している書籍は全て購入をしています。一応のところ「Key News編集部」を運営している統合ブランドの「Nezumi Creative」はマーケティングを扱うブランドですからね。

コピーライティング、サイトデザイン、フォトショップなど画像編集ソフトの使い方、広告はどこに出すか?などがあります。このページを読んで下さっている方も、まだ読んだことがない書籍などがある場合は読んで勉強をして頂ければと思います。

特に、ランディングページの作り方などではなく、広告出稿のものが大切だと思われます。なにせランディングページの場合にはSEOではなく優良広告で成約を獲得していくスタイルであるからです。

ランディングページ 成果を上げる100のメソッド

ランディングページで成果を上げるための方法論がわかります。

成果がなかなか出ないと思っている方はこちらで、まだやっていないことをやって広告を回してみて結果を見てみると良いのではないでしょうか。

小さく直してテストはマーケティングの基本ですからね。勉強したランディングページのノウハウを使って何度も試してみてください。

Amazonの販売ページは→こちら

2万回のA/Bテストからわかった 支持されるWebデザイン事例集

これは実際の一部上場企業などがABテストをした際に改善した事例を集めた良書です。

結果実証済みのランディングページ改善例と言って差し支えありません。集客、マーケティングをやっているのに、この成功事例の良書を持っていないのはせっかくお金になるやり方を捨てているようなものです。

貴重な事例集ですので購入して損のない一冊です。

Amazonの販売ページはこちら

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

ジョゼフ・シュガーマンのコピーライティングの書籍です。著者本人の5日で40万円のセミナーを凝縮したマーケティング、コピーライターなら垂涎の一冊です。

人の心をしっかりつかむ文章の書き方を全米トップコピーライターが惜しむことなく教えてくれます。こんな貴重な情報をたった数千円で読んで、あなたの血肉にできるのですからすごい時代です。

もちろん、WEB時代にも色あせることなどありません。特にランディングページであれば、この知識をもって作るかそうではないかで圧倒的な差が生まれることでしょう。

Amazonの販売ページはこちら

「バズる記事」にはこの一冊さえあればいい
超ライティング大全

SNS時代にバズらせるためのライティングが目白押しです。無料でランディングページへのアクセスを確保したいと思うならSNSでバスらせてランディングページへアクセスを流すという方法論があります。

誰にも見られなければ、素晴らしいライティング、素晴らしいデザインを施したランディングページも無駄になってしまいますし、何より商品・サービスが売れなくては意味がありません。

こちらも持っておいて損はありません。そして毎日実行することで無料でたくさんの収益が得られるようになるでしょう。

Amazonの販売ページはこちら

コピーライティング技術大全

コピーライティング技術大全は紙媒体、ランディングページ、まで全てをカバーするコピーライティング技術を記した素晴らしい書籍です。

事例を豊富に掲載し、テンプレとして型もしっかり記載されているので、この一冊だけで初学者から上級者まで全てをカバーできます。

これ一冊で基本は良いですが、著者によって扱ったことのあるライティングの事例が異なるので内容はテクニック論は同じであっても購入して損は絶対にありません。

事例を集めるつもりで購入して頂くのも良いでしょう。

Amazonの販売ページこちら

 

売れるコピーライティング単語帖 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2000

「PASONAの法則」に従ってどんな表現方法があるのかが書かれており、これ以上に素晴らしい実用書はないと言えるほどです。

コピーライティング技法の「〇〇の法則」を使いこなすのは割と単語集のあちらを見たり、こちらを見たりと大変だったと思います。

しかし、この「PASONAの法則」に従って、それぞれの見出しフレーズが「Problem問題提起」「Affinity親近感」「Solution解決策を示す」「Offer提案」「Narrow相手を絞る」「Action行動を促す」でそれぞれ書かれており、これほど効率的に使える単語帖を見たことありません。

コピーライティング実務、ランディングページ制作実務に於いてこれほどに使いやすい書籍はありません。真似するだけで、あなたも優秀なコピーライターになったほどの成果を上げられる可能性が高いです。

Amazonの販売ページはこちら

売れるコピーライティング単語帖の当サイト記事は下記です。chatGPTによってストーリーライティングを入れて構成した実験記事です。

絶望を一瞬に希望に変えた、売れる文章の秘密

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

広告は何年経過をしても基本は全く変わらない。人の心を動かして行動を促すものであるからいつの時代も変わらない。

そして消えてなくなるような偽物の理論、理屈ではないからこそこのコピーライティングの書籍は90年間も読まれています。

広告の父を言われる「デイヴィット・オグルヴィー」でさえも「この書籍で学んだ。今までで一番役に立つ本だ」と絶賛しているのです。

事例は古いものの、こちらを読んで頂くと人が反応する広告とかテンプレ的な文章構成はいつの時代も変わらないことがご理解を頂けるでしょう。これを年代別に広告を見て体感的に理解している人とそうではない人では広告の質は全く異なりますから、あなたには是非とも理解して頂きたいと思います。

Amazonの販売ページはこちら <

 

最強のコピーライティングバイブル 伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き

国内の成功事例が100例も掲載されていることに価値があります。どうしてもコピーライティングの書籍は例が古いものが多かったりもします。

さらに理屈だけで、本当に企業がなどがそれを使って効果があったのかは真偽不明というのも実は珍しくはありません。

けれども、近年の実例がついて解説されているコピーライティング本であれば安心です。効果実証済みの事例が満載ですぐに利用ができる状態で解説をされているので、こちらも購入をして頂くことで豊富な事例に触れられます。

豊富な事例にとにかくたくさん触れることによって、あなたの売る力は間違いなく高くなっていくことでしょう。また、売るための切り口をいくつも思いつくようにもなることでしょう。

Amazonの販売ページはこちら

セールスライティング・ハンドブック 増補改訂版[新訳] 広告・DMからWebコンテンツまで、「売れる」コピーのすべて

「私の知る限り、本書がいらないコピーライターは1人もいない。私も含めて」広告の父、デイヴィッド・オグルヴィ氏推薦

米国で1985年に発売されてからセールスライティングの
書籍としては、異例のロングセラーを誇っています。

コピーライターが必ず机の傍らに置いて仕事をすると言われる教科書的に利用をされている素晴らしい内容の良書です。

WEB時代に向けて改定されている点もかなり良いです。

少しばかり小難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらも持っておくと良いでしょう。

Amazonの販売ページこちら

セールスコピー大全:見て、読んで、買ってもらえるコトバの作り方

2021年慣行なのでしっかりとイマドキな言葉でセールスコピーを解説してくれているので非常に分かりやすいです。

古典のコピーライティングの「ピアノコピー」などの言い回しも現代風に応用して理屈を解説してくれているので、サクッと売れるようになりたいと思っている方に最適な良書です。

また、いかに切り口を見つけて商品・サービスを売っていけば良いのか?というアイディアの見つけ方も理解できたりするので読んでおいて損は絶対にありません。

セールスコピーの初心者がこの書籍で学んだ内容をそのまま使い素晴らしいセールスを叩き出すことも頻発中です。

あなたも素晴らしいライティング技術を身に着けて下さい。

Amazonの販売ページはこちら

文章は型が9割

当てはめるだけで書けるテンプレ集です。44種類ものテンプレがあれば殆ど網羅をしています。

あなたの人生で大切な文章を書く際に迷ったらこの書籍を開けばテンプレが必ずあるはずです。

こちのテンプレにあてはめて文章を書いて下さい。ブログの記事も、ランディングページ、セールスレター、企画書、小説、ストーリなど、なんでもこれ一冊あればテンプレがあります。

あなたの人生を文章でより豊かなものにして頂けます。

Amazonの販売ページはこちら

バカ売れキーワード1000

キャッチコピーを作る際に強い言葉を使いたい場合にこのキーワードを見ながら考えているとかなり捗ります。

どのような用法があるのか?の例題も豊富ですから、これを見ていればキャッチコピーのアイディアがザクザクとわいてきます。

また、SEOとも相性が良く、しっかりとGoogleのキーワードを入れつつ、こちらのバカ売れキーワードを使ったテンプレを使ってキャッチコピーを作ればSEOにも対応していけることでしょう。

Amazonの販売ページはこちら

マネするだけでセンスのいいフォント

フォントとデザインが一緒に例として掲載されてるのでデザインを構成で気にいったものを、こちらから選んでフォトショップ、イラストレーターですぐに実現できます。

ランディングページ、サイト制作、バナー制作、チラシを作るのに必携の一冊と言えます。とりあえず、デザインセンスがなくても手早くオシャレに作成できるようになるのでデザインは苦手という方はこちらを使ってみてください。

Amazonの販売ページはこちら

 

3色だけでセンスのいい色

オシャレな配色、シックな配色を自分で考えて作るには多くの経験が必要です。

しかし、こちらの書籍があれば配色とウェブ配色のナンバーが書かれているのですぐに配色を実現できます。

また、デザインの雰囲気も分かるように事例が掲載されているのでイメージがわきやすくデザイン経験が乏しい方でもフォトショップ、イラストレーターの操作くらいはわかるという方ならオシャレ、シック、ポップなどのパターンが簡単に実現できます。

Amazonの販売ページはこちら

とりあえず、素人っぽく見えないデザインのコツを教えてください!

素人っぽく見えるランディングページ上のバナー、デザイン、などをなんとか自分で克服したいと思っている方に最適です。

このまま利用するだけで、とりあえずのところ素人が作ったようには見えなくなります。また、自身でプロっぽくできたという成功体験があなたにWEB制作、ランディングページ制作の自信となり仕事もこなせるようになっていくことでしょう。

アフィリエイターであれ、コピーライターであれ、昨今では簡単なデザインまで一通りできるのが望ましいですし、自身でも思う通りのデザインが出来たら嬉しいですよね。

あなたも、こちらの書籍を購入してデザインもやってみて下さいね。

Amazonの販売ページはこちら

 

 

 

 

 

コピーライティングの書籍に関しては下記のチラシを作る際にも非常に重要なものですから、こちらで紹介しているものは全て購入をして頂いても良いくらいです。

たくさんの事例をみないと結局のところ、分からないということがあるので、たくさんの事例に触れて頂きたいと思います。

チラシを配っても売れない理由

  • 何がどう改善されるのか?など潜在顧客の持っているニーズの充足、不満・悩みの解消が全く入っていない
  • チラシを配布しているエリア選択のミス

これはダメなチラシの例を出した方が分かりやすいので出しますね。

ダメチラシ

これくらいしか書くことがないと思ったのはわかるのですが、これ系の広告、チラシって本当にお客様からのレスポンスがありません。

この広告を出している会社の結果を聞いたわけではないので、どれくらいのものかは知りませんが、僕が仕事をしている中でこの雰囲気の広告で結果が出たことはまずありません。

まずは、「事前準備をはじめよう」って抽象的過ぎますし、家を購入しようと思った際の悩みの点について何も言及がないのでひっかかりが全くありません。

それであればヘッドラインは「せっかくの新築!悪徳業者に騙されない5カ条」などの方が良いかと思われます。

これであれば地域によくポスティングされる、新築マンションは分譲マンションの方がコンバージョンは高いでしょう。

地域でお子様がいらっしゃるとかだと学区が変わることを避けたい世帯も多い点があるので、実は「〇〇地区 8階建てマンション分譲開始」などのものだと特に目をひくものがなくても、ラグジュアリーな感じにさえなっていれば、その地区で考えている人は案外と多くいるので反応があります。

とにかく、「お客様が困っているであろうことをヘッドラインにする」にしないと本当に人は反応しません。

よく、歯科医院、トレーニングジム、個人開業のエステ店、ネイルサロンなどのチラシなど入ってませんか?そこで、チラシが入っていたのに、なぜ、あなたはそれを読まなかったのでしょう?

これらで何も反応がない場合は「〇〇でお困りではありませんか?」などありきたりですが、お客様の悩みなどに応えようとしていないことが理由です。

つまり、お客様の困りごと、悩み事、痛み、苦痛、などをヘッドラインにして、「うちなら、それを解消できますよ」と続けていけば反応を取れるようになるのです。

 

副業、マーケティング、などあなたに読んで欲しい記事

関連記事

KeyNews編集部の紹介

keynews編集部

Key News Contens(PRを含みます)

Key News掲載オンラインカジノ一覧

入金不要ボーナス一覧

オンラインカジノ初回入金ボーナス

銀行入金・出金ができるオンラインカジノ一覧パチンコ・パチスロ300250

300250副業転職一覧

300250AV女優一覧バナー

アフィリエイトをはじめるには

タックスヘイブンリスト

オンラインカジノライセンス発行国一覧

【PR】【Key News おすすめ商品・サービスのレビュー】

ワードプレステーマ購入済み一覧

mixhostアダルトOK

300250FANZAVR

30025HNEXT

マネークリック

TOP